入院のご案内 入院のご案内

  •  入院保証金 … 20,000円  入院時に保証金をお預かり致します。
  • こちらの保証金は退院時にお返し致しますので受付にて発行致します受領書を退院時まで無くさずに保管して下さい。

 入院費用お支払い

 
  • 入院費用は毎月末に締め切り、翌月7日頃にご請求書を発行いたします。ご請求書は病室まで事務スタッフがお届けいたします。お支払いはご請求後、7日以内にお願いいたします。
  • また、退院の際は随時ご精算させていただきます。退院時に退院当日までの分をお支払いください。
  • なお、当院ではクレジットカードをご利用頂けます。ご利用の際には事務スタッフにお申し出ください。

 お食事、ご家族の付き添い看護

 
  • 当院は健康保険で定められた「基準給食」・「基準看護」実施病院です。
  • お食事時間は、朝8時・昼12時・夕6時です。食中毒の原因となりますのでお食事はお早めにお召し上がり下さい。
  • 外部からの飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。また病院内での調理および火気の持ち込みは固くお断り致します。
  • ご家族の付き添い看護はご遠慮下さい。ただし、患者様の症状によりご家族の付き添いを希望され、主治医が許可する場合などはこの限りではありませんので、ご相談下さい。

 食事療養費標準負担額

 入院時の給食のご負担金額は下記の通りになります。
市民税課税 360円(1食)
市民税非課税世帯 210円(1食)
過去1年の入院が90日超 160円(1食)
市民税非課税世帯に属する老齢福祉年金受給者 100円(1食)

 
  • 減額に該当する患者様には 入院時一部負担金限度額適用認定・入院時食事標準負担額減額認定証が市町村より交付されていますので、入院時に保険証などと一緒に提示して頂くようお願い致します。
  • 認定証が提示されませんと減額扱いとなりませんのでご注意下さい。また、入院された月の末日までにご提示頂けなかった場合も当月の減額の取り扱いが出来なくなります。
 入院生活をおくられる際に必要なものを少量の範囲にてご用意下さい。持ち物にはお名前のご記入をお願いします。
●入院証書  ●健康保険証  ●印鑑  ●他の医療機関で処方されたお薬 ●老人医療、福祉医療、特定疾患など公費負担がある場合はその医療証 (高齢者医療証・限度額医療証・その他医療証など) ●ティッシュ  ●タオル、バスタオル(数枚)  ●肌着類  ●パジャマ(寝巻き) ●給湯用具(箸・湯のみ・小さいやかん又はポットなどお配りするお茶を入れておく容器) ●洗面用具  ●上履き(すべりにくく、音の出ないもの ※転倒事故を防止するためスリッパはご遠慮ください) ●筆記用具などの日用品 ●入院保証金2万円
  • 当院では床頭台に金庫をご用意しておりますが、紛失・盗難防止のため、多額の現金や貴重品をお持ちにならないようお願い致します。万一紛失されても病院は責任を負いかねます。ご了承くださいませ。

 お部屋 …病床数 63床

特別室(2室)
… バス、トイレ、キッチン、大型テレビ、応接セット、電話、冷蔵庫、インターネット可 (35000円~税抜き)
特別個室(8室)
… バス、トイレ、内1室ミニキッチン、テレビ、 電話、冷蔵庫、内3室インターネット可 (15000円~税抜き)
個室(2室)
… トイレ、テレビ、電話、冷蔵庫 (8000円~税抜き)
開放型病床(5床)

■特別室 
■個室

最上階(4階)に配置しております広々とした個室タイプの特別室ではすばらしい嵐山の景観が望めます。

 寝具・病衣

 
  • 当院は基準寝具の取り扱いをしていますので、布団など患者様の寝具のご用意は不要です。
  • 病衣をご希望の方はご用意させて頂きます。(別途費用/当院病衣使用1日につき70円)
  • このため当院では病衣費用が別途必要となります。ご自宅からお持ち頂く場合は、院内感染防止のためにも病衣を清潔に保って頂くため、週2回の洗濯をお願い致しております。

 院内カタログ販売(日用品などの院内販売)

  • 院内で発行しているカタログで、日用雑貨など入院に必要なものを販売しています。また、退院後にご自宅の療養に必要な介護用品なども取り揃えております。
  • ご購入希望される方はスタッフまでお声掛けください。


 新聞の購読

  • 新聞の購読を希望される場合には、「京都新聞」「デイリースポーツ」を定価で病室までお届け致しております。ご希望の際には受付までお申し出下さい。料金は入院請求書にてご請求致します。

 家電の使用について

  • テレビは病室備え付けのプリペイドカード用のテレビをご利用下さい。持ち込みはお断り致します。テレビ・ラジオなどは他の患者様のご迷惑にならないよう音量にご注意下さい。
  • 当院3階テラスにてプリペイドカード販売機を設置しております。このカードにて備え付けのテレビ、冷蔵庫、屋上階の洗濯機をご利用になれます。カードの残額は退院時受付にて返却致します。

 携帯電話・入院患者様の駐車場の使用について

  • 携帯電話の使用は電子医療機器に誤作動を起こす場合があり、治療に支障があります。院内で携帯電話をご使用にならないで下さい。公衆電話は3階談話室にございます。
  • 駐車場は外来の方の来院のご使用に限らせて頂いておりますので、ご入院の際お車の駐車はお断り致します。
 内田病院では5台のベッドを開放型病床として近畿厚生局京都事務所に届け出ております。
 開放型病床とは、内田病院以外のお近くの病院に受診され、その後そちらの医師のご紹介で当院に入院した際にご利用頂くベッドです。このベッドでは、当院の担当医と共に紹介元の医師の診察や指導が受けられます。
 病状の経過などにより当院から紹介された医師をお呼びする事もあり、その場合は患者様はお見えになった医師に診察料をお支払い頂きます。当院と紹介された医師が退院後も協力して十分な治療を行うために定められた制度ですので、ご理解の程よろしくお願い致します。
  • 退院は主治医の指示、または患者様の申し出に対して主治医が許可した場合に限ります。
  • 退院が決まりましたら3階詰所へご連絡下さい。請求書が出来次第、係の者がお届け致します。
  • お帰りの際も詰所へご連絡の上、1階受付にて会計をお済ませになりご退院下さい。
  • ご入院中お気づきの点やお困りの事がございましたら、ご遠慮なく事務室窓口、または看護師にお申し出下さい。
  • 当院は敷地内は一切禁煙となっておりますのでご了承ください。
  • 入院中の飲酒は禁止となっております。
  • 火の元には十分ご注意下さい。病院内で電熱器、電気ストーブ、その他火気の使用は固くお断り致します。
  • 検査やX線撮影など特に必要な場合以外で、病衣のまま1階ロビーまで出られないようお願い申し上げます。
  • ご高齢の方や、病気のため歩行が困難でご自宅でも転倒されるような事があった患者様には、当院でも転倒、転落事故に十分注意し、治療・看護にあたっております。もしベッドなどから転落される恐れがある場合、ご遠慮なくその旨を詳細にお知らせ下さい。当院では衝撃緩和マットを準備しておりますので必要に応じて設置致します。
  • 当院の職員への贈り物やお心付けなどは全てご辞退申し上げておりますので、お心遣いは一切ご無用にお願い申し上げます。

↑PAGE TOP